トップ / インプラントのオペ室

最新インプラント事情

インプラントというと、顎の骨をドリルで少しずつ削ってインプラントを埋め込んでいくというのが従来一般的に行われてきた方法ですが、骨を削るために出血を伴ったり、腫れや痛みの原因になったりしてきました。そこで最近は、ドリルで骨を削らなくても良いスプリッティング法という方法が用いられるようになってきています。スプリッティング法では最初だけ小さな穴を開けるために細い器具を使いますが、その後はその小さな穴を広げていく器具を挿入していきます。骨には弾性があるために、少しずつ広げていくことが可能なのです。

インプラントの手術を楽にする

歯を失った場合でも自分の歯を取り戻せたかのような治療法のインプラント。麻酔を使うので痛みもなく手術は終了しますが、手術中に意識があるので、何をされているのか気になって怖いという方も多いかもしれません。そう思うのは当然なのですが、それでは短い手術時間も長く感じてしまいます。インプラント手術を楽に終了するにはリラックスして他のことを考えることです。難しいかもしれませんが、例えば手術が成功したら食べたいものなどを考えているといいかもしれません。他の楽しいことを考えることで手術時間もあっという間に終わるはずです。

インプラント 京都の信頼できる治療はこちらで。
治療実績が豊富です。治療後のサポートも万全です。超音波治療器を使用することで、骨の治癒促進を促せます。

© クリニックで適切な施術. All rights reserved.